ホーム > 安心・安全対策 > 地震などの災害のとき

地震などの災害のとき

地震のとき

震度5相当以上の地震を感知すると、マイコンメーターが自動的にガスを遮断します。
地震の揺れがおさまったら、ガス機器の器具栓・ガス栓・容器バルブを閉めてください。

遮断されたガスを復帰するには?

マイコンメーターの赤い表示ランプが点滅し、ガスを遮断していないかどうかご確認ください。
マイコンメーターは、次のような場合にガスを遮断します。

マイコンメーター復帰操作方法

ガスが遮断されていて、ガス臭くない(ガス漏れが原因でない)場合は、以下の手順でガスを復帰してください。

  1. 屋内外すべてのガス栓や機具栓を閉めてください。メーターガス栓は閉めないでください。
  2. 復帰ボタンを強く押し、ランプの点灯を確認したら手を離します。数分待ち、表示ランプの点滅が終わったらガスが使えます。最後に復帰ボタンのキャップを取り付けます。

数分経過してもガスが止まったまま表示ランプが点滅している場合は、ガス機器の止め忘れやガス漏れの可能性があります。もう一度ガス栓が閉まっているか、ガス器具のとめ忘れがないかご確認ください。正常に復帰しない場合は弊社事業所へご連絡ください。

火災のとき

速やかに避難し、消防署員などにガス容器の位置を知らせてください。
可能であれば器具栓・ガス栓及び容器バルブを閉めてください。

洪水のとき

容器バルブを閉め、ガス容器が倒れたり流されたりしないように、可能であればロープなどで容器を固定してください。

災害後は弊社担当者が順次点検を行います。連絡が取れない場合でも、点検を受けるまで使用しないでください。

安心・安全対策に関するお問い合わせはこちらへ

安心・安全対策

住まいのリフォーム館 エコプラザ

ショールームのご案内

日商ガス販売のリフォーム

リフォーム事例のご紹介