ホーム > ご家庭のお客さまへ > LPガスの特性

LPガスの特性

地球と人にやさしいクリーンエネルギー

今、温暖化現象などで地球に深刻な影響をもたらす二酸化炭素の排出量が少ないエネルギーが着目されています。LPガスは石油や石炭といった他のエネルギーと比べ、二酸化炭素の排出量が少ないエネルギーです。

LPガスは二酸化炭素だけでなく硫黄酸化物もほとんど生みださず、その上熱効率が高く取り扱いも簡単で燃焼制御がしやすいため使いやすいエネルギーといえるでしょう。

家庭用機器はもちろん、タクシーのようにLPガスを使った車も環境特性に優れたクリーンカーとして活躍しています。


エネルギーを使用するときには、様々な有害成分が排出されています。

災害時に強い分散型エネルギー

台風や地震が起きやすい日本では、災害時におけるエネルギーの安定供給は重要な課題です。
阪神淡路大震災や東日本大震災等の過去の災害において、LPガスは供給の途絶が少なく、いち早く完全復旧を果たしました。

送電線や道路の埋設配管が必要な電気、都市ガスと違い、ご家庭ごとに供給されるために個別対応が可能であり、安全を確認できればその日からすぐに使用することができます。またボンベで持ち運びができるため、避難場所などさまざまな場所にすばやく設置でき、被災地での煮炊きや風呂などのほとんどの施設がLPガスでまかなわれました。

LPガスは液化された状態で容器に入っているため、運搬が容易で、全国津々浦々まで供給することができます。その機能性からも災害に強いと言われているのです。

都市ガスとの違い

LPガス 都市ガス
成分 プロパン メタンを主とし、エタン、プロパンなどで構成
供給方法 ガスボンベを設置して家屋に供給するため、埋設配管工事が必要ないか、わずかですみます。 地中にガス管をひいて供給するため、埋設配管工事が必要です。
ボンベを置くスペースは必要ありません。
熱効率 13A都市ガスと比較した場合、LPガスの発熱量は約2.2倍となります。
コンロなどを例にとると、LPガスの方が発熱量が大きい分火力は強いですが、都市ガスはバーナーノズルを大きくするなどして工夫がされています。
比重 空気より重く、床面近くに滞留します。 空気より軽いため、警報器は天井近くに設置されます。
使用器具 どこの地域でも共通のLPガスを使っているため、引越しの際も器具を買い換える必要はありません。 地域によってガスの配合が変わるため、対応するガス器具を確認し、場合によっては買い換えなくてはなりません。

ガスのご利用に関するお問い合わせはこちらへ

ご家庭のお客さまへ

住まいのリフォーム館 エコプラザ

ショールームのご案内

日商ガス販売のリフォーム

リフォーム事例のご紹介